セイバーキングジャパン

日本初、節電システム

【SAVER KING JAPAN】

2018年7月の電気・ガス料金は値上げ・下げ傾向となります。

大手電力会社が、ことし7月の電気料金を発表し、10社のうち6社が値上げすることになりました。天然ガスや石炭の輸入価格が上昇したことが理由です。

各社の発表によりますと、ことし7月の電気料金は、使用量が平均的な家庭で、中部電力が18円、東北電力が13円、東京電力が10円、九州電力が7円、中国電力と四国電力が5円それぞれ値上がりします。

これは、火力発電の燃料となる天然ガスや石炭の輸入価格が上昇したためです。

一方北陸電力と沖縄電力は、6月と変わらず、北海道電力は、7円の値下げとなります。

関西電力は、大飯原子力発電所の再稼働に伴って226円値下げします。

2018年1月から7月までの電気料金の推移

電力会社名 北海道電力 東北電力 東京電力 中部電力 北陸電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力 沖縄電力
契約種別 従量電灯B 従量電灯B 従量電灯B 従量電灯B 従量電灯B 従量電灯A 従量電灯A 従量電灯A 従量電灯B 従量電灯A
アンペア数 30A 30A 30A 30A 30A 30A - - 30A -
使用量 230kwh 260kwh 260kwh 260kwh 260kwh 260kwh 260kwh 260kwh 250kwh 260kwh
1月分 7,194円 6,967円 6,650円 6,406円 6,397円 6,716円 6,666円 6,715円 6,133円 7,160円
2月分 7,256円 6,990円 6,669円 6,406円 6,433円 6,721円 6,705円 6,762円 6,153円 7,241円
3月分 7,332円 7,029円 6,721円 6,432円 6,477円 6,742円 6,754円 6,811円 6,190円 7,321円
4月分 7,376円 7,068円 6,793円 6,484円 6,503円 6,781円 6,791円 6,840円 6,225円 7,378円
5月分 7,480円 7,183円 6,926円 6,599円 6,592円 6,886円 6,903円 6,939円 6,325円 7,486円
6月分 7,484円 7,204円 6,968円 6,648円 6,595円 6,917円 6,916円 6,944円 6,343円 7,493円
7月分 7,477円 7,217円 6,978円 6,666円 6,595円 6,691円 6,921円 6,949円 6,350円 7,493円
1月からの差額 + 283円 + 250円 + 328円 + 260円 + 198円 -25円 + 255円 + 366円 + 217円 + 333円
1年前との比較 + 230円 + 250円 + 317円 + 276円 + 183円 -199円 + 250円 + 213円 + 210円 + 291円

※出典 各電力会社ホームページより

各電力会社の平均的な家庭の電気料金モデルの推移になります。

平成30年3月23日に経済産業省より,平成30年5月分から平成31年4月分までの電気料金 に適用される再生可能エネルギー発電促進賦課金単価が発表されました。

平成30年5月から、再エネ賦課金単価は2.90円円となっています。

消費税等相当額、口座振替割引額、再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)を含みます。また、再エネ賦課金単価は平成30年4月分まで2.64円、平成30年5月分から2.90円で計算されています。

SAVERKINGJAPAN

コンセントに差すだけで電気料金削減

  • サイズ:高さ100㎜ × 幅63mm × 厚さ40㎜
  • 重量:180g
  • 動作電圧:100V/200V
  • 定格周波数:50Hz/60Hz
  • 特許登録第1578751号

お問い合わせ・お申込み >